Welcome APIJ

TOKYO SMECA国際交流会

一般社団法人 東京中小企業診断士協会(TOKYOSMECA)は、
 

土曜日2021年1月30日にオンライン国際集会を開催しました。

APIJメンバーは参加する機会が与えられゲストスピーカーとして発言しました。

本交流会にはSri Astuti(Cinta Jawa Café)、Lilis Ariwaty(Gaya International Travel Agency)、と Belda Shimura(Japan Bridge&Co)、そしてAPIJの会長であるタンウイシアンがオブザーバーとして参加しております。
 

このイベントには、約60名のTOKYO SMECAメンバーも参加しております。また、日本で事業活動を行っている数人の外国人(中国語、インドネシア語、スリランカ、ベトナム)も参加しております。


 


 


ディスカッションのセッションでは、ゲストスピーカーそれぞれがビジネス問題に関する経験を共有することができました。
 

たとえば、日本での起業の理由、ターゲット市場、Covid-19パンデミックの影響、ビジネス戦略または課題のソリューションの実行方法、およびビジネスに関する見解そして、Covid-19後のビジネスモデルはITテクノロジーを利用するとか、

さらには日本政府の支援プログラムを活用するなどがあげられました。

インドネシア料理店「チンタジャワカフェ」のスリアストゥティが体験談を語り、彼女のレストランへの来訪者は緊急事態宣言の期間中に劇的に落ちましたが、 制限期間(緊急事態宣言)終了後、通常通りゲストがもどっております。 売上高の減少はありませんとはっきりといえるとのことです。いま多くのレストラン事業がパンデミックにより倒産しておりますが、この際、チンタジャワカフェはすぐにでも4番目の支店を東京都渋谷区に開店しようとしております。

一方、リリス・アリワティは、パンデミック以降の彼女のインバウンドビジネスについて、2020年3月は完全に停止していたと語り、そこで代替ソリューションをつぎのように作成したとのこと。

日本に住み/居住しているインドネシアの人々をターゲットにした日本の観光、すなわち「GoTo Travel」と「もっと楽しもう!TokyoTokyo」というプログラムを活用して国内ツアーパッケージ(国内)を作りましたが、少し進むとン保安は第三波のコロナパンデミックがおとすれ、結果としてこのプログラムも中止したとのこと。

リリスは別の解決策、つまり2019年に得ていたRSO(TSK/登録支援機関)のライセンスを活用して(SSW/特定技能)雇用ビジネスを始めることを考えついております。

パンデミックの状況は国家間の交通の流れを制限しており、ベルダ志村の事業活動も大きく変化させられました。パンデミックの前は、仕事は外出や出張はほとんどでしたが、しかし今は「リモートワークスタイル」に変換になりました。

パンデミックの時を耐え残るためには、この瞬間を利用し新しいことを学ぶことでしょう、例えばオンラインセールス/マーケティングなどであります。

このイベントは基本的に東京のSMECAメンバーと日本の外国人ビジネスマンとの交流を目的としています。SMECA国際部のボランティア活動をされている阿達様は、タンウイシアン(APP JAPAN LIMITED)の知人であり、今回のイベントをご紹介をいただきました。

数年前、同種のイベントのゲストスピーカーとしてTanUi Sian氏が出席しましたが、今年はAPIJとそのメンバーがより広くコミュニケーションできるようAPIJメンバーの参加を提案しました。

TOKYO SMECAコンサルタントが提供するいくつかの形態の支援/サポートの中には

企業経営コンサルティング、従業員採用、資金調達、あるいは政府の援助や助成金などの分野があります。詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

https://www.t-smeca.com/

 


全ての活動


当協会は8月 31 日、駐日インドネシア共和国大使館の後援により、インドネシアの伝 統料理「ナシ・トゥンペン」の盛り付けコンテストをオンラインで開催しました。

ウェビナー Flight and Fight the Pandemic(パンデミックと戦う航空会社)の要約
2021年7月15日開催

7月1日から30日まで、JR東京駅丸の内南口のカフェラウンジ「ROUTE CAFE AND THINGS」で、インドネシアバザールが開催されています。

当協会は6月30日、「日本人の目で見たインドネシア」をテーマとした、オンラインによるシェアリングセッションを開催しました。
2回目となる今回は4部構成とし、第1部では当協会の設立目的と最近の活動について紹介しました。

2021年05月27日
TOMOHIRO MASUMIさんと
ZOOMでオンライントークEVENTは行いました。

2021年04月08日
インドネシア政府

2021年03月11日
この過去1年間は、世界中のレストラン経営者にとって困難な時期でありました。規模の大小にかかわらず、なかなか収束しないパンデミックの結果、多くのレストランが倒産・廃業しました。

しかしながら、インドネシア料理店「チンタジャワカフェ」には決して当てはまりません。苦難を乗り越え、この3月11日、東京・渋谷に4号店を出店するに至りました。

2021年01月30日
このイベントには、約60名のTOKYO SMECAメンバーも参加しております。また、日本で事業活動を行っている数人の外国人(中国語、インドネシア語、スリランカ、ベトナム)も参加しております。

2020年10月27日
【海外スタートアップトレンド~インドネシア編】(無料/オンラインイベント)

2020年8月2日
日本政府の支援金

2020年1月18日
日本国内観光ガイド

2019年11月3日
Oneコインセミナー

2019年10月24日
オリンピックを来年夏に控え常に注目され続ける訪日観光客市場!
世界第4位の人口を抱え、イスラム教徒人口は世界1位の大国インドネシアの訪日観光客の最近の動向にせまります。

特定技能勉強会
2019年9月18日

2019年7月3日
在日インドネシア大使館は2日、東京都品川区の同大使館で、「特定技能」に関する日本とインドネシア民間団体らによる意見交換会を初めて実施した。技能実習制度下で役割を担ってきたインドネシア側「送り出し機関(SO)」と日本側「受け入れ機関(AO)」に加え、人材サービス企業や関連団体が集い、新在留資格の運用について議論した。

2019年3月13日・14日
日本とインドネシア両国の経済協力の主要テーマに、日本による人材(技能実習生など)受け入れ問題が浮上してきた。13日に東京で在日インドネシア経営者協会が開いた「インドネシア人材(技能実習生および特定技能者)に関するセミナー」は、在日インドネシア大使館が会場を提供、日本インドネシア協会(会長、福田康夫元首相)が初めて後援し、両国が技能実習生を通じた協力関係の強化へ乗り出す姿勢を示した。

2018年8月28日
インドネシア技能実習送り出し・受け入れに関する勉強会

2018年7月29日
日比谷祭りに参加しました。

2018年4月4日
インドネシア共和国大使公邸にて、インドネシア経営者協会・設立記念懇親会が行われました。