Welcome APIJ

特定技能運用ガイドライン

 

初の意見交換会 在日イ大使館 特定技能運用 ガイドライン策定へ

 

在日インドネシア大使館は2日、東京都品川区の同大使館で、「特定技能」に関する日本とインドネシア民間団体らによる意見交換会を初めて実施した。技能実習制度下で役割を担ってきたインドネシア側「送り出し機関(SO)」と日本側「受け入れ機関(AO)」に加え、人材サービス企業や関連団体が集い、新在留資格の運用について議論した。
 6月25日に両国政府間で締結された協定覚書では、インドネシア国内からの送り出しに関する運用体制が不透明、との指摘が双方からあり、同大使館とインドネシア商工会議所(カディン)は意見を政府に報告することで一致した。
 意見交換会にはインドネシア側から、副大統領府の特命を受けたカディンのアントン・J・スピット労働委員会委員長率いる9の送り出し機関が出席。インドネシア側では送り出し体制の具体案を検討中で、技能実習制度の実務を担ってきた両国のSO、AOと意見交換をする必要があると判断し来日した。
 日本側は在日インドネシア経営者協会(APIJ、タン・ウイ・シアン代表理事)が呼びかけた受け入れ機関や人材サービス企業から15人が出席した。
 意見交換で国際研修協力機構(JITCO)の半野政明・国際第二課長は「特定技能に関してインドネシア人の採用に関する問い合わせが増えている」と話し、情報共有を強化したいと呼びかけた。
 議論では主に送り出しの際のSOやそれに当たる仲介組織の立場について焦点が置かれた。SOの団体からは、「特定技能に適した人材は元技能実習生であり、それらのデータベースを保有するわれわれが担える役割が大きい」として民間が果たす役割を強調した。
 日本側のAOからも「これまでSOとの連携でインドネシア人材の質が保たれ良いイメージが維持されている。特定技能の分野でも現地パートナーとしての仲介組織は必要」との意見が示された。
 これを受けアントン委員長は「同制度を総合的に監督する副大統領府に報告し、ガイドライン策定に役立ててもらう」と締めくくった。じゃかるた新聞の取材に同委員長は「労働省や労働者派遣保護庁(BNP2TKI)内部でも(送り出し機関の扱いについて)意見が割れている」と明かし、方針は流動的であることを示唆した。
 同大使館によると、注力する4業種(農業、製造業、介護、外食)で、年間7500人程度の送り出しを目標としている。

(https://www.jakartashimbun.com/free/detail/48315.html     斉藤麻侑子)

 

 


全ての活動


当協会は8月 31 日、駐日インドネシア共和国大使館の後援により、インドネシアの伝 統料理「ナシ・トゥンペン」の盛り付けコンテストをオンラインで開催しました。

ウェビナー Flight and Fight the Pandemic(パンデミックと戦う航空会社)の要約
2021年7月15日開催

7月1日から30日まで、JR東京駅丸の内南口のカフェラウンジ「ROUTE CAFE AND THINGS」で、インドネシアバザールが開催されています。

当協会は6月30日、「日本人の目で見たインドネシア」をテーマとした、オンラインによるシェアリングセッションを開催しました。
2回目となる今回は4部構成とし、第1部では当協会の設立目的と最近の活動について紹介しました。

2021年05月27日
TOMOHIRO MASUMIさんと
ZOOMでオンライントークEVENTは行いました。

2021年04月08日
インドネシア政府

2021年03月11日
この過去1年間は、世界中のレストラン経営者にとって困難な時期でありました。規模の大小にかかわらず、なかなか収束しないパンデミックの結果、多くのレストランが倒産・廃業しました。

しかしながら、インドネシア料理店「チンタジャワカフェ」には決して当てはまりません。苦難を乗り越え、この3月11日、東京・渋谷に4号店を出店するに至りました。

2021年01月30日
このイベントには、約60名のTOKYO SMECAメンバーも参加しております。また、日本で事業活動を行っている数人の外国人(中国語、インドネシア語、スリランカ、ベトナム)も参加しております。

2020年10月27日
【海外スタートアップトレンド~インドネシア編】(無料/オンラインイベント)

2020年8月2日
日本政府の支援金

2020年1月18日
日本国内観光ガイド

2019年11月3日
Oneコインセミナー

2019年10月24日
オリンピックを来年夏に控え常に注目され続ける訪日観光客市場!
世界第4位の人口を抱え、イスラム教徒人口は世界1位の大国インドネシアの訪日観光客の最近の動向にせまります。

特定技能勉強会
2019年9月18日

2019年7月3日
在日インドネシア大使館は2日、東京都品川区の同大使館で、「特定技能」に関する日本とインドネシア民間団体らによる意見交換会を初めて実施した。技能実習制度下で役割を担ってきたインドネシア側「送り出し機関(SO)」と日本側「受け入れ機関(AO)」に加え、人材サービス企業や関連団体が集い、新在留資格の運用について議論した。

2019年3月13日・14日
日本とインドネシア両国の経済協力の主要テーマに、日本による人材(技能実習生など)受け入れ問題が浮上してきた。13日に東京で在日インドネシア経営者協会が開いた「インドネシア人材(技能実習生および特定技能者)に関するセミナー」は、在日インドネシア大使館が会場を提供、日本インドネシア協会(会長、福田康夫元首相)が初めて後援し、両国が技能実習生を通じた協力関係の強化へ乗り出す姿勢を示した。

2018年8月28日
インドネシア技能実習送り出し・受け入れに関する勉強会

2018年7月29日
日比谷祭りに参加しました。

2018年4月4日
インドネシア共和国大使公邸にて、インドネシア経営者協会・設立記念懇親会が行われました。